Tamablog

たまに更新するiOS/Mac系技術ブログ。

WWDC2018現地レポート:ラボ編

WWDCの大きな特典のひとつが、アップルのエンジニアと直接話せるラボです。今回はラボの様子をレポートします。

f:id:tamadeveloper:20180608031340j:plain

技術ラボ

朝の時間はラボが空いています。もし行きたいラボが午前中にあれば、なるべく早い時間に行くとよいです。また担当者によっては質問がうまく伝わらなかったり、あまりコードを見てくれなかったり、期待する対応をしてくれなかったりもするので、そういう時は別の時間帯や別の日に行って何度も聞くといいかも知れません。自分の場合はTextViewの質問でUIKit、Cocoa、Text and Fontsの3つのラボに通って、ようやく答えがもらえました。

また人気のラボには30~40人くらいの列ができていて、UIKit、AR、MLなどで特に列が長かったと思います。逆にEvents and Contactsのようなマイナーなラボは自分一人に対して4人のエンジニアが対応してくれました。

User Interface Design

非常に人気のラボで今年からは抽選となりました。アップルのデザイナーがアプリのUIを見てくれて、改善点などを提案してくれます。

朝7:00~7:30の間にWWDCアプリからラボのページに行って「Request Appointment」ボタンをタップして予約すると、7:30を過ぎた頃に抽選結果のメールが届きます。 そこそこ倍率は高いと思いますが毎日早起きして予約してみる価値があるラボです。

自分は3日目にようやく抽選に当たってアプリをじっくり見てもらいました。ただ予約がなくてもラボに行けば5-10分くらいデザインを見てくれるとの事でした。

Business and Marketing

このラボではアプリのビジネスモデルや宣伝方法、価格設定などについて相談できます。朝7:00からWWDCアプリで予約することができます(抽選ではありません)。15分というやや短い時間ですが、アップルのマーケティング担当の人とお話することができます。

ちなみに自分の会社のホームページを見せたら「Appleのサイトみたいだね」というご指摘を頂きました、、😅

おまけ:Company Store

火曜日から会場の一角にCompany Storeがオープンしました。午前8時から午後5時まで(最終日は午後1時半まで)オープンしていますが、基本的にはいつも長蛇の列で、並んでから買い物して出られるまでに1時間はかかります。またグッズもシャツ、パーカー、帽子、ノート、ペン、などがありますが、水曜日の朝の時点でシャツはサイズがなくなっているものがありました。その後補充されたかも知れませんが、基本的には早めに行くのが良さそうです。なお、ベビー服や子供サイズもシャツもありました。

(6/9更新:グッズが売り切れたため、金曜日はオープンされませんでした。)

f:id:tamadeveloper:20180609110828j:plain